FastAPI

【FastAPI】ファイルのアップロード機能を作る方法

事前準備 今回はFastAPIでファイルのアップロード機能を作成する方法について紹介していきます。 FastAPIでファイルを扱うにはリクエストボディがmultipart/formdataになります。このmultipart/formdata...
FastAPI

response_modelの使い方について【FastAPI】

FastAPIではリクエストやレスポンスが適切な内容であるかをバリデーションすることができます。 response_modelは名前の通りレスポンスに関する機能で、レスポンスについてバリデーションが行えます。 response_modelの...
shell

ディレクトリ構造をイイ感じに表示してくれるコマンド【tree】

treeはディレクトリ構造を下記のようにツリー形式で表示してくれるコマンドです。 . ├── .gitignore ├── package-lock.json ├── package.json └── src ├── index.css ├...
FastAPI

ファイルを分割してルートを定義する【FastAPI】

今回はFastAPIでルート定義を行う際に、ファイル分割して定義する方法を紹介します。 入門等でよく見る方法では、下記のコードのようにルートを定義しています。 from fastapi import FastAPI app = FastAP...
Python

ImportError: cannot import name ‘Annotated’のエラーが出た時の対処方法

ImportError: cannot import name 'Annotated' typingのAnnotatedをimportできない時は、Pythonのバージョンを確認しましょう。 AnnotatedはPython...
Python

VSCodeでPythonの型チェックを有効にする

Pythonには型アノテーションの機能がありますが、せっかく型アノテーションをつけるなら、VSCode上でWarningを表示したいです。 型チェックはPylanceという拡張機能を入れることで有効化できます。PylanceはMicroso...
JavaScript

definePropsにデフォルト値を与える方法【Vue3+TS】

Vue3とTypeScriptで、propsを受け取るには、下記コードのようにdefinePropsを使用します。 <script setup lang="ts"> interface Props { firstName: string; ...
JavaScript

definePropsの使い方【Vue3+TS】

definePropsの使い方 TypeScriptでは下記のコードのように、definePropsのジェネリクスに受け取りたいPropsを定義することができます。また、?をメンバの末尾に付け加えることで、任意のPropsを定義することがで...
Python

リストへの要素の追加方法まとめ【Python】

append appendはリストの末尾に要素を追加するための関数です。 lst = lst.append(3) print(lst) # lst.append() print(lst) # ] ちなみに、ドキュメントによるとappend関...
Python

join関数による文字列の結合【Python】

pythonでは+を使用することで、文字列を結合することができますが、イテラブル(for文で反復処理ができるもの)に対しては、join関数を利用する方が効率的で簡潔に書くことができます。 join関数の使い方は下記になります。 <文字列>....