flaskでPostgreSQLを使えるようにする方法

Flask

必要なパッケージをインストールする

flaskからPostgreSQLを操作するには

  • flask_sqlalchemy
  • psycopg2

の2つのパッケージが必要になります。

pip install flask_sqlalchemy
pip install psycopg2-binary

flaskでPostgreSQLを操作してみる

名前を入力し、入力された名前をPostgreSQLに保存するプログラムです。

from flask import Flask
from flask_sqlalchemy import SQLAlchemy

app = Flask(__name__)

#データベースのURIはデータベース名に合わせて適宜変更する
app.config['SQLALCHEMY_DATABASE_URI'] = 'postgresql://localhost/postgres'
app.config['SQLALCHEMY_TRACK_MODIFICATIONS'] = False

db = SQLAlchemy(app)

#テーブルの定義
class person(db.Model):
	id = db.Column(db.Integer, primary_key=True)
	name = db.Column(db.String(100), unique = False)
	
	def __init__(self,name):
		self.name = name

db.create_all()


while True:
	name = input("type your name:")
	p = person(name)
	db.session.add(p)
	db.session.commit()

HerokuのPostgreSQLにアクセスするにはURIをHeroku-PostgreSQLのCredentialから拾ってきて貼り付けるだけ

コメント

タイトルとURLをコピーしました