グラフのサイズを調整してみる【matplotlib】

matplotlib

matplotlibでグラフのサイズを調整するには、

  • plt.figure()にsizeを渡す
  • plt.rcParamsから調整する

があります。

plt.figure()のfigsizeに渡す

plt.figure()のfigsize引数に幅、高さを持つ、リストもしくはタプルを与えることで、sizeを調整することができます。

import matplotlib.pyplot as plt

plt.figure(figsize=[10,4.2])
plt.hlines(-3,-3,3)
plt.show()

rcParams[“figure.figsize”]にsizeを代入する

rcParamsを使うことで、様々なパラメータを変更·調整ができます。
特に、rcParams[“figure.figsize”]に指定したいsizeを代入することで、グラフの大きさの調整が可能です。

import matplotlib.pyplot as plt

plt.rcParams["figure.figsize"] = [10,4.0]  
plt.hlines(-3,-3,3)
plt.show()
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: matplotlib-figsize.png

どちらを使うべきか??

どちらを使っても同じですので、どちらを使うかは好みの問題だと思います。

ただ細かい違いとして、
plt.figure()では、それを指定したグラフにしか適応されません。
plt.rcParams[“figure.figsize”]はそれ以降の全てのグラフに適応されます。

簡単に言うと、
plt.figure()はローカルであり、
plt.rcParams[“figure.figsize”]はグローバル
というイメージです。

実際に、実験してみると…

plt.figure()

import matplotlib.pyplot as plt

plt.figure(figsize=[10,4.2])
plt.hlines(-3,-3,3)
plt.show()

plt.hlines(-4,-4,4)
plt.show()

plt.rcParams[“figure.figsize”]

import matplotlib.pyplot as plt

plt.rcParams["figure.figsize"] = [10,4.0]  
plt.hlines(-3,-3,3)
plt.show()

plt.hlines(-4,-4,4)
plt.show()

コメント

タイトルとURLをコピーしました