Pythonで折れ線グラフを描く方法

pythonの折れ線グラフの記事のアイキャッチmatplotlib

pythonで折れ線グラフを描くにはmatplotlibを使います
ちなみにmatplotlibはグラフ描画のためのライブラリです

matplotlibのインストール

pythonのpipで普通にインストールできます

パッケージ名はmatplotlilb

pip install matplotlib

折れ線グラフを描画

matplotlibでグラフを描画するには3ステップを踏みます

  1. データの用意
  2. プロット
  3. グラフの表示

です

importも忘れずに….

ちなみにmatplotlibは

import matplotlib.pyplot as plt

というようにimportされます

データの用意

データの用意はそのままの意味で、描画したいデータを用意するわけですが、リストはもちろんmatplotlibではnumpyndarray型も用いることができます

折れ線グラフでのデータはx軸の値とy軸の値の2つのリストが必要です

例えば
x軸の値 : [1, 2, 3, 4]
y軸の値 : [3, 1, 9, 0]
だとすると
(1, 3), (2, 1), (3, 9), (4, 0) の4点にデータ点が打たれて、それを結ぶように折れ線グラフが描画されるのです

上の4点をデータとして用意してみます

import matplotlib.pyplot as plt

x = [1, 2, 3, 4]
y = [3, 1, 9, 0]

プロット

次にデータをグラフにプロットしましょう

データのプロットに使う関数はグラフの種類によって色々ありますが、折れ線グラフではplot()を使います

使い方はこんな感じ

plt.plot(x軸の値のリスト, y軸の値のリスト)

実際にさっき用意したデータををプロットしてみると

plt.plot(x, y)

これだけ

グラフを表示

データをプロットするだけではグラフを確認できないので、グラフを表示する必要がありますね

グラフをの表示は

plt.show()

を実行するだけです

実行してみると

plt.showでグラフを表示

と表示されるはずです

ソースコードまとめ

import matplotlib.pyplot as plt

x = [1, 2, 3, 4]
y = [3, 1, 9, 0]

plt.plot(x, y)
plt.show()
ソースコードまとめの画像

sinグラフを描画してみる

折れ線グラフの描画方法を見てきましたが折れ線グラフで、もっと細かくデータ点を打っていけばグラフも滑らかになるはずですよね

そこで滑らかなグラフであるsinグラフを描画してみましょう

ちなみにデータの用意にはリストよりもnumpyの方が何かと使い勝手が良いので、numpyを使っています

import matplotlib.pyplot as plt
import numpy as np

x = np.arange(-3, 3, 0.01)
y = np.sin(x)

plt.plot(x, y)
plt.show()
sinグラフ

今回はx軸の値を-3~3までの0.01刻みでデータを打ちましたが、データ点の細かさで滑らかさも変わってきます

折れ線グラフの装飾などを詳しく知りたい方はこちら

折れ線グラフの装飾などもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました